この地で着実に。

沿革

1959年
愛星の後を引き受けて、初代社長である桑村泰男ら3名により設立。
会社名については、3名の希望の星が集まって創業したことから、
三星という名前で創業。当時ではまだ珍しかった炭酸飲料の製造と
愛星から引き継いだお醤油のラインナップを展開。
1979年
新社長として桑村秀夫が就任
1980年
設立当初から扱っている独自銘柄の天然だし入り醤油の「愛味」に
改良を加え新あいみとしてリニューアル。
名前の由来は、愛媛の味、(お袋の)愛の味、からきている。
そのほか、刺身醤油など各種の醤油や酢を販売。創業当初は、
炭酸飲料水や、卵焼きなどの加工食品の製造販売も行う。
現在は醤油及び醤油関連調味料の製造が主。